常識が覆ります!身体を柔らかくしたいならストレッチは辞めましょう!

Pocket

ストレッチについて

こんにちは、飯泉賢です。

はっきり言って常識が覆りました。

筋肉を伸ばすいわゆるストレッチ(スタティックストレッチ)は、今すぐ辞めましょう!

やらなくても柔軟性はUPしました。

むしろやらない方がランニングなどの動きがいいのです。

以前は、、、

古くは大学生時代

ブレイクダンスをやっていたころ。

まずストレッチから入りました。

練習の前にしっかりとストレッチしないと怪我すると思いやっていました。

柔らか過ぎて動きにキレ味が無かったと思います。

ブレイクダンスはスピードと言うか、キレ味が時には必要です。

ランニングを始めた7〜8年前は、

ランニングの後に入念にストレッチしてました。温まった身体の筋肉を伸ばすストレッチ。

最近まで、そのように指導しておりました。

今となっては結果論ですが、

あまり良くなったみたいです。

でも取り返しは可能です。

例えばこの写真のように、筋肉を伸ばすスタティックストレッチをすると、かえって腕が重く回しにくくなります。

やっていない腕と比較してみてください。

びっくりすると思います。

骨ストレッチのみ

今はその筋肉を伸ばすストレッチはやっていません。

なのにランニングは軽快に走れています。

運動しやすいように、ストレッチする訳ですから。

身体は動けてなんぼです。

結論、

走る前のスタティックストレッチ ×

走る前のアクティブストレッチ ◯

走った後のスタティックストレッチ ▲

寝る前に5分、朝起きた時5分の骨ストレッチ ◎

ヨーガ ◎

特に4.5の身のこなしが軽やかになり、スポーツパフォーマンスが飛躍的にアップすれば、理想的だと思います。

実際僕は数ヶ月続けて来て、はっきりと体感しています。

いまはこの骨ストレッチとヨーガが中心です。

常識が覆える?

実は、短距離100m日本記録保持者の桐生選手、

彼もストレッチやウエイトトレーニングしていないようです。

スピードは段違いですが、僕と同じですねw

ストレッチすると、

筋肉痛めるリスクあるのと、

弾力性低下します。

やはり伸ばし過ぎはパフォーマンス下げます。

常識が覆ります。

身体を柔らかくしたいからと言って、無理にストレッチするのは辞めてはいかがでしょうか?

スポーツジムで、

トレーニング前に入念にストレッチ

はっきり言って大間違いです。

まだ信じられないと言う方は、読んでみてください。

おすすめ致します。

参考図書

ゆるめる力 骨ストレッチ | 松村 卓 |本 | 通販 | Amazon

骨ストレッチで人生を楽しもう!

Pocket



本日も、飯泉賢オフィシャルサイト 人生を楽しもう!をお読みくださいましてありがとうございました。

☆スポーツアロママッサージ
http://satoshiiizumi.com/heart/

☆ビブラムファイブフィンガーズ
http://satoshiiizumi.com/vibram/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.