豚バラスモークの作り方 「仕込み編」

Pocket

キャンプで欠かせない

こんにちは、飯泉です。

先日のファミリーキャンプで、豚バラスモークをご提供しました。

今回仕込みに1週間かけて作りましたが、どのように仕上がりましたでしょうか?

キャンプで、焚き火で、ビールと一緒に、

欠かせない料理。

豚バラスモーク、ご紹介します!

肉の調達から

キャンプの予定日から逆算して、1週間前に調達します。

豚バラのブロックを買いに来ました。

▲有限会社藤井商店 守谷

牛肉と豚肉の調達はいつもこちらの藤井商店さんにお世話になっております。

とにかく新鮮なお肉で美味しいのです。

今回はこの豚バラブロックを

▲1.6kgを特価で買いました

こんなセットもありますね。

▲炭火焼きではコレを

備長炭の遠火の強火で焼くと、ほんのり甘みが下の中を駆け巡るので、とても美味しいですよ。

書いているだけで、ヨダレが出ます(笑)

今回のキャンプではメニュー外でしたので買ってません。

仕込み開始です

さて、豚バラブロックを購入したら、早速仕込み開始です。

肉1kgに対しての分量です

▲粗塩40g、ジュニパーベリー30粒、タイム小さじ1、ローリエ2枚、クローブ1粒、粗挽き胡椒適宜

▲味が染み込みやすいようにフォークで数カ所刺します

▲塩がなじむように軽くすり込みます

▲ジップロックなどに入れて密封、冷蔵庫で3日寝かせます。1日置きに上下逆さに裏返します。味が均等になるように。

約3日寝かせます。

▲塩抜き作業 流水でスパイスを流します

この塩抜き加減が難しい

抜き過ぎると味が物足りない

逆に抜きたりないと味がしょっぱくなる

これは経験を積むしかないのです。

水分の量や時間は、勘です(笑)

勘ではレシピにならないのですが、、(爆)

すみません、経験してみてくださいm(_ _)m

▲乾燥のフェーズ

キッチンペーパーでしっかりと水気を取ります。

▲何枚も使ってしっかりと

表面を触って濡れて無ければ大丈夫です。

▲肉を吊るすための小道具

タコ糸で吊るす方法もありますが、針を通すのが面倒なので、いまはこれを愛用してます。

▲このように吊るして風を当てて乾燥

我が家の場合、勝手口が都合の良い乾燥場所です。

▲庭先の木々の間にロープを張って干す方法もあります

3日間ぐらいしっかりと乾燥させましょう。

スモークで大切なひとつにこの乾燥があります。乾燥が不十分ですと味が酸っぱくなったり、香りづきがうまく出来ません。

乾燥大切です。

ここまでで仕込みで約1週間、

この仕込みを楽しみましょう!

あとは実際の「スモーク編」を後日ご紹介します!

スモークで人生を楽しもう!

#アウトドア

Pocket



本日も、飯泉賢オフィシャルサイト 人生を楽しもう!をお読みくださいましてありがとうございました。

☆スポーツアロママッサージ
http://satoshiiizumi.com/heart/

☆ビブラムファイブフィンガーズ
http://satoshiiizumi.com/vibram/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.