これはヤバい!長時間の肉体労働で分かったこと!そしてやるべきことは!?

こんにちは、飯泉賢です。

今、朝6:30から夜21:00までの長時間の肉体労働を週5〜6日やってます。

宅配の仕事ですが、

重い荷物を階段で3階まで運ぶこと多々あります。

帰宅したら風呂入って夕食摂って寝るだけの生活。

そのような働き方をしていたら、

下半身の疲労はもちろん、

腰や背中に疲れ、

最近は腕の痛みまで感じるように

小さいですけど、悲鳴を上げています。

時限爆弾が仕掛けられている感覚です。

このまま放置していると、   

いつか爆発するかもしれないです。

そんな身体になっていました。

昨日と今朝の、

朝ヨガタイムではっきりと認識しました。

▲めちゃくちゃ寒かったけど、その寒さが逆に気持ち良かった今朝のヨガ

肉体労働の身体のケアを疎かにしていると、筋肉は硬くなる一方だなと。

時間が作れなくて、

10年近く続けている

朝ヨガやジョギングなどの

朝の適度な運動もほとんど出来ていなかったのです。

長時間労働の末、

ライフスタイルが崩壊していました。

このままではかなりヤバいです。

ギックリ腰など、絶対イヤです。

他の配達員も、

腰の疲労感を超えて

ついに痛みにまで深刻化しております。

休めば治るのでしょうか?

いや、ここまで来ると少し休んだ程度では回復しないです。

じゃーどうしたら良いか?

答えは簡単です。

いまや自分の身体は自分で治す時代。 

セルフケアを日々徹底することです!

そのセルフケアメニューを3つ考えてみました。

最低限

簡単ですので、肉体を酷使している方はやってみてください。

①尻もみ

大臀筋の起始部を、自分の握り拳でグリグリともみほぐします。

かなり強めにすると効果大。

腰全体の筋肉が緩みます。

お尻には大きな筋肉があるので無視してはいけないと思います。

②ストレッチポールをフル活用

下半身からお尻、背中、肩、首と

身体全身リラックスする事ができます。

15分ぐらいが目安です。

▲飾りじゃないのよ、ポールは🎶

③ヨガ

ヨガの時間は自分の身体と対話する時間です。

何処が硬くなっているのか?

それらを受け入れることが大切です。

呼吸を上手く使い、全身リラックスを。

①三角のポーズ

②英雄のポーズ

③太陽礼拝

この3つは基本

▲いつもの公園には霜柱が

10分だけでも良い

朝でも夜でも良い

時間を作ってヨガします。

告知

セルフケア商品販売やってます。

今売れ筋はコレ↓

▲筋肉が緩み腕の長さが変わりました

宅配に限らず長時間の肉体労働には、

何処かしら身体の疲労は蓄積されます。


© 2022 スポーツのためのプライベートサロン HEART
写真の無断転載、転用を禁止致します。