エネルギー医学と土地のパワー 

「首の後ろを押す」と病気が勝手に治り出す

昨日、この本を読み終わりました。

「首の後ろを押す」と病気が勝手に治り出す

松久 正著

そんなことあるか⁉︎

とお思いのことと容易に想像できますが、

実話であり本当です。

読了して納得しました。

はじめからおわりまで、たくさんのことを学ばせて頂きましたし、大変共感出来ることばかりでした。

僕は数学が弱くて理系に進めず、当然医師にもなれなくて良かったと、ここで思えました(笑)

その代わりに、

早稲田大学でスポーツや健康の事を学べて、途中全く別の業界にいましたが、

結果的に心と身体の健康を軸とした、

スポーツアロマビジネスが出来るようになり、本当に良かったと思います。

話が逸れましたが本著では、

西洋医学の限界。

対症療法の限界。

を説いています。

(詳しくは後述)

脳と神経のこと、第一頚椎のこと、

これらも僕が通っている診療所で受ける治療と同様、

そこでの先生の話と同じことでした。

過去の実体験と本に書いてあることが、

見事につながりました。

とても、ブログひとつの記事にはまとめ切れない大切な内容ばかりです。

いま、病に苦しんでいる方々に少しでもこの考えが伝わったら、

明るい光が見えてくるのではないか?と思えて来ます。

冒頭からエネルギーの話

まずは表紙を開いて最初ページ

はじめに。

この冒頭からエネルギーの話でした。

この土地のエネルギーについては、

僕も最近感じたことがあったので、

その話も合わせて書いてみたいと思います。

土地のエネルギーはあると思います。

いわゆるパワースポットについては賛否両論あり、誇大な宣伝も多分に含まれているかもしれません。

僕が言いたいのは、

自分が感じる自分のためのパワースポットは人それぞれにあると言うことです。

ご縁と言い換えても良いかも知れません。

ご縁は人ばかりではないのです。

土地とのご縁もあるのです。

そこに行くと、自分のエネルギーが活性化されて元気が出るのです。

引き寄せられているのです。

松久先生は、渡米から帰国しての開業した場所が鎌倉だったのです。

土地の持つ崇高なエネルギーを感じたと書いてます。

そして、新規の患者さんはなんと5〜6年の予約待ちと言う大成功を収めておられます。

先生自ら書いていますが、

土地の持つエネルギーの助けがあったのかも知れません。

僕も似たような、引き寄せられる土地があります。

それは、麻布十番です。

前職でお世話になった大きな取引先もここにありました。

大変良い経験をさせて頂きました。

退職してフリーになってからも、

この麻布十番にはご縁があってスポーツアロママッサージの仕事もさせてもらっています。

サラリーマン当時も今も、

この麻布十番ではとても活き活きと仕事をしている感があります。

現在の成果と結果は、まだまだ未熟者な故お恥ずかしい限りですが、エネルギーを頂きながら精進させてもらっています。

そんな自分が活躍出来る場所が、本当のパワースポットだと僕は思います。

元気が出てかつ落ち着く街、麻布十番

今回の医学の話と無縁ではないと感じています。

ありとあらゆる病気や悩みに

結論から言いますと、

神経の流れを正すことによって、

肩こりや頭痛、腰痛、耳鳴り、めまいなどの不快な症状から、ぜんそくやアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患、うつやパニック障害が改善する治療法があると言うことです。

そのセルフケア方法もここでは紹介されています。

僕も実際やってみました。

何となく頭がスッキリした感覚になったので、

書いてある通り朝に晩に継続してみたいと思います。

辛くてどうしても薬に頼ってしまう方へ、オススメする本です。

詳細はまた明日。

#スポーツアロマトレーナー

#手技


© 2022 スポーツのためのプライベートサロン HEART
写真の無断転載、転用を禁止致します。